So-net無料ブログ作成

ハナがひらきました [横浜]

DSC_6533-2.jpg

        予報通り桜が開花しました
        そのあと寒さが続き、つぎが続かない様子ですが...
        いつもの金沢八景駅裏のソメイヨシノです
        この場所も区画整理中、これから様変わりかも....
           (京急本線/金沢八景駅)




 今日の花は、神奈川県立四季の森公園の春を告げる花、カタクリ
  カタクリを初めて見知ったのは、練馬の清水山憩いの森(東京23区内では、唯一の自生地らしい)
  その後は、5月の苗場山麓や佐野ラーメンの三毳山や城山かたくりの里です
  そう云えば、奥多摩の御前山をトボトボ訪ねたこともありました

DSC_6373-2.jpg


 カタクリ(片栗) ユリ科カタクリ属の多年草
   北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える
   海外では、朝鮮半島や中国、サハリンにも分布する
   草丈は10センチから20センチくらいである
   種子が地中に入ってから8年ほどの間は花をつけない片葉の状態が続き
                        それからやっと2枚の葉を出して開花する
   葉の色は淡い緑色で、暗い紫色や白い斑が入るものが多い
   開花時期は3月から4月である 茎先に1つずつ下向きに淡い紅紫色の花をつける
   花被片は6枚で、上に向かって強く反り返る
   ただし、反り返るのは日中の陽射しがあるときで、夕方には傘のように閉じる
   花被片のつけ根の部分にはW字形をした濃い紫色の斑が入る
   花の色が白いものもあり、白花片栗(シロバナカタクリ)という
   花を咲かせた後、5月ころには葉も枯れて、地中で球根のまま休眠する
   昔は片栗粉の原料とされたが、
     今はジャガイモ、サツマイモにとって代わられて、本物の片栗粉は薬局でしか手に入らない
                          (今日も、ここは、いつもの「花図鑑」さんから....)


    樹冠が緑の葉に覆われる前の(3、4月の)わずかな日光を利用して花を咲かせ、花のあと、
    5月頃に葉も枯れたあとは、ずっと次の年の3月頃まで、球根のまま休眠する(地面からは消える)
   (1年のうちの10ヶ月の間は、地中で過ごす)
    このように、早春、他の花に先がけて花を咲かせ、逆にまわりの木々や草がすっかり緑になる
    季節になると地上から全く姿を消してしまう植物のことを
     ヨーロッパでは「スプリング・エフェメラル”春のはかない命”」や
                       「エフェメラルプラント”短命植物”」と呼んでいる
       (エフェメラとは「かげろう」のこと)(節分草(せつぶんそう)も同じ)
                         (ここは、ときどきの「季節の花 300」さんから....)


DSC_5871-2.jpg
DSC_5834-2.jpg
DSC_5842-2.jpg
DSC_5850-2.jpg
DSC_6366-2.jpg




DSC_5894-2.jpg
DSC_6337-2.jpg
DSC_5875-2.jpg
DSC_5887-2.jpg
DSC_5939-2.jpg
DSC_6368-2.jpg
DSC_5855-2.jpg


     北斜面に位置する、小さなカタクリ群生地
    DSC_5968-2.jpg


     カタクリの古語は、カタカゴ(堅香子)
       古名は「傾籠(かたかご)」 籠を傾けたようにして咲くところから       
    DSC_5902-2.jpg


     サクラだけじゃない里山の春の楽しみ「カタクリ・サクラまつり」のパンフレット
       写真が上手に撮られております 見頃は、3月中旬と云うことです
    DSC_6443-2.jpg


DSC_5854-2.jpg






     いつか東北へ「カタクリ巡り」を希望しているのですが...
         カタクリ群生、日本一の規模と云われる、秋田、八津・鎌足のカタクリです
                       この画像「秋田内陸縦貫鉄道ブログ」HPから....
         d2c60b3b.jpg
       41eb7b4b-s.jpg







桜の咲く季節、我が家恒例の三浦半島西海岸秋谷の「天ぷら 葉むら」訪問
  初訪問から17年、ようやく19回目、その間、お店は、衣笠駅近くから久留和海岸に移転しました
  例年より少し早い時期でしたので、出てくるネタがいつもと少し違うものがありました
    三陸広田湾の牡蠣やフグの白子、まだハウス育ちのコシアブラを食べられました

  今日も会話は、あまりはずんでいないのですが... 出てきた話しは....
     久しぶりに小柴の穴子が入荷した(魚は、築地経由で入るようです)
     エルニーニョ現象が激しく、どこも魚が穫れなくなっているようだ
     相模湾では、イワシ・サバ・ワカメが穫れていない    とのことでした


 いつもと同様 食べたものを羅列しておきます(一年前は、こちらです)
   うどとさきいかとミツバのあえもの フグの煮こごり 才巻海老(三尾) 大和芋の大葉揚げ 鱚
   芝海老のすり身椎茸 雲丹の磯辺揚げ 銀杏 百合根 蛤 鮑 広田湾の牡蠣 蕗の薹 たらの芽
   稚鮎 白魚 濾しアブラ 山独活 河豚の白子 筍 小柴の穴子(一本揚げ)群馬産のアスパラガス
   最後のかき揚げ 自分と息子は天どん 娘は天茶漬け(わさび抜き)カミさんはそのまま(白飯)
    デザートの自家製シャーベット 自分はゆずとあずき

IMG_0243-2.jpgIMG_0252-2.jpgIMG_0268-2.jpgIMG_0251-2.jpgIMG_0257-2.jpgIMG_0259-2.jpgIMG_0260-2.jpgIMG_0261-2.jpgIMG_0272-2.jpgIMG_0273-2.jpgIMG_0277-2.jpgIMG_0281-2.jpgIMG_0282-2.jpgIMG_0284-2.jpgIMG_0285-2.jpgIMG_0286-2.jpgIMG_0289-2.jpgIMG_0291-2.jpgIMG_0293-2.jpgIMG_0295-2.jpgIMG_0296-2.jpgIMG_0297-2.jpgIMG_0299-2.jpgIMG_0319-2.jpg
IMG_0310-2.jpgIMG_0313-2.jpgIMG_0311-2.jpgIMG_0308-2.jpg
IMG_0264-2.jpgIMG_0317-2.jpgIMG_0314-2.jpgIMG_0320-2.jpg


                          今日も、ごちそうさまでした
                             また、一年後です♪







        みなさま、そば粉のご要望は、八ヶ岳産の信州そば粉を.....
              本日も、“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます
        
       



nice!(139) 

nice! 139