So-net無料ブログ作成

「[K7]横浜北線ウォーク&ラン」 [横浜]

DSC_6397-2.jpg


2/25 開催「首都高講座 61限目:開通直前の横浜北線に潜入!」に続き.... 今日は、生麦駅下車です
 首都高、開通記念イベント「[K7]横浜北線ウォーク&ラン」を楽しんできました
  もちろん、参加したのは、2/11(土)開催の「ウォーク」 「ラン」は、翌12日開催でした
 (「ファンラン」は、新横浜公園 日産フィールド小机をスタート/ゴールする 8.2kmを走るものです)
  今回の「トンネルウォーク」 「新横浜(約4km)」と「岸谷生麦(約3km)」の二会場で開催
   首都高HP上で、二会場 各1万名の参加募集が行われました(先着順での受付です)
   募集に関わらず地元の人は「横浜北線広報誌・きたせん」を持参すれば参加可能となっておりました


 今回のウォークコースを紹介 (首都高のHPから拝借しました)
  赤が入口側、青が出口側(大部分は、同時に開通する岸谷生麦線) トンネル部分は、下の図に続きます
   と云うことで、今日は、地上から約32mの高さを有する生麦JCT側へは、行くことができません
map_walk_3.png

 トンネルウォークコースマップ  右側の「入口・出口」が上の図の子安台換気所で繋がります
DSC_6818-2.jpg


     HPに公開されていた「実施予定のコンテンツ」
         A   ライトアップ・カウントダウン展示
         B   はたらくクルマ展示
         C   メッセージカー製作
         D   関係団体によるブース展示(横浜市、都筑区、鶴見区など)
         E   水噴霧設備デモンストレーション
         F   プロジェクションマッピング
           (※プロジェクションマッピングは新横浜会場のみ実施となります)
         G   フォトスポット
         H   横浜北線パネル展示・首都高の取組み展示
         I    トンネル防災設備紹介
         J   すべり台式非常口体験
         K   北西線映像・パネル展示






いよいよ、横浜北線([K1]横羽線~第三京浜)が開通します(以下、HPから抜書きします)
  2017年3月18日(土)16:00、[K7]横浜北線([K1]横羽線~第三京浜)が開通します
  横浜北線は[K1]横羽線と[K5]大黒線の生麦ジャンクションから、第三京浜の横浜港北ジャンクションまでの
  約8.2kmをつなぐ路線で、全線の約7割に及ぶ約5.9kmの区間は「横浜北トンネル」となっています
   ※ これまで、横浜環状北線として建設事業を進めてまいりましたが
            開通後の名称は「[K7]高速神奈川7号横浜北線」となります

   横浜北線の開通に先立ち、関連街路の長島大竹線及び岸谷生麦線が平成29年3月16日(木)に開通します
   岸谷生麦線により「にこく」と「いちこく」が結ばれます、上り線側に、整備された歩道も設けられます

     「いちこく」第一京浜国道・国道15号  「にこく」第二京浜国道・国道1号
      (国道15号は、箱根駅伝が走るコースで、日本橋〜青木橋となっています)



【ここから、本日のレポートです】
 今日は、生麦駅を下車して、生麦駅前通り「商友会」の踏切から始まります(時刻は、ちょうど10時00分)
DSC_6296-2.jpg
 
「踏切閉鎖絶対反対!」 ここは、JR二つと京急の、計三つの踏切が連なっています
  たまたま、東海道貨物支線(高島線)は、低い高架線 道は、北側からの一通となっています
  (踏切の前に停まるプリウス、湘南ナンバーです キット、道が分からないのでしょうネ)
DSC_6331-2.jpg


 国道15号線の交差点 奥が生麦駅 右方向、産業道路との交差点 会場入口は、そこを右折
  今日のスタッフは200人ぐらい、お揃いのヤッケ、先日のトートバックと同一デザインの口マーク
DSC_6345-2.jpg

 会場入口 同時に開通する岸谷生麦線と産業道路との交差点(左方向 : 大黒ふ頭 右方向 : 生麦)
DSC_6361-2.jpg

 岸谷生麦線の中央分離帯  今日だけです
DSC_6375-2.jpg

    「岸谷生麦橋」の銘板 奥には、立派な歩道が整備されています
    DSC_6386-2.jpg


トンネルウォークにようこそ! 横浜北線がキタ! ウエルカムボードです
DSC_6396-2.jpg

 ETCゲートの手前が受付  参加証となるスマホ画面を見せて、手荷物検査終了 戦利品受領
DSC_6406-2.jpg

    こんなプレートが... 左 : 高速道路交通警察隊 右 : 鶴見警察署 どちらにします?
    DSC_6421-2.jpg

 本番では、歩行者・自転車 立入禁止  もちろん、逆走禁止
DSC_6428-2.jpg

 閉鎖中のETCゲートを闊歩していきます このゲートは、岸谷生麦入口(下り)
   (大丈夫、自分は背中のザックの中にETCカード入っております)
DSC_6431-2.jpg
DSC_6435-2.jpg

 振り向くと、たくさんの参加者が入場してきます
DSC_6479-2.jpg


 この付近、岸谷生麦入口(下り)路と下り本線の合流部  少し広くなっています
  入口路、追越車線に合流します また、本線は手前で横羽線からの合流を受けます、運転 気をつけましょう
  (前回、マイクロバスがUターンして逆走を始めた地点  生麦JCT側へは、本日は、立入禁止です)
DSC_6487-2.jpg



(以下、4枚、生麦JCT付近の高層部・高さ約 32m箇所を前回の画像で紹介します)
 湾岸線方向を見ています 左は、横羽線大師方向からの合流路となります 
 (港北JCTに向かう横浜北線下り本線は、上層を走り、湾岸線に向かう上り本線は、下層を走ります)
DSC_5443-2.jpg

 横羽線横浜方向  一番下を横羽線が走ります (左後に、いま大活躍中のASKUL倉庫が見えます)
  上層部、右は横浜北線下り本線へ 左は、湾岸線方面 その下は、横浜北線を分流して横羽線横浜方面
DSC_5467-2.jpg

 横羽線大師方向
  左は、横浜北線上りから横羽線へ 右に見えるのは、既設の大黒線から横羽線への合流路
DSC_5470-2.jpg

   湾岸線側から横浜北線下り側を見ています
    一番上が下り本線 重なるよう下層に上り本線が見えます 左から横羽線上りからの合流路
    下層左へ横羽線下り線への分流路 一番下、産業道路に繋がる岸谷生麦線が見えます
    DSC_5495-2.jpg


 今日も良好な天気では、アリマセン 富士は見えず、代わりにランドマークタワーを... 小さな隙間から...
DSC_6497-2.jpg


 行く手の真ん中に、慰霊献花  ここは、150年前に起きた「生麦事件」の地でした
DSC_6505-2.jpg


    今日もトンネル入口までやってきました 信号は「青」です
    DSC_6534-2.jpg

 トンネル入口付近は、いろいろの設備が目白押しという感じです
DSC_6539-2.jpg


F  プロジェクションマッピング に変わる、トンネルライトアップです
DSC_6547-2.jpg
DSC_6603-2.jpg


A  ライトアップ・カウントダウン展示  あと7日と4時間ダそうです
DSC_6608-2.jpg

B  はたらくクルマ展示
  ベンツの除雪車 排気量 5000cc?とか... ん千万円ダそうです
  このタイプ、神奈川地区は、大師の基地に2台配備 普段は、前の部分を外して清掃車として活躍
  一番の特徴は、運転席を左右変換できることのようです(今日は、左ハンドルでした)
  トンネルの壁を清掃するとき、シールドは壁がカーブしているので、どうするのだろうと云っておりました?
DSC_6552-2.jpg

C  メッセージカー製作  たくさんのメッセージ、開通セレモニーで走り抜けます
DSC_6554-2.jpg

 災害で凹凸となった路面をならすようです
DSC_6561-2.jpg

 路面探索車のようです  いま故障中 動きませんでした
DSC_6566-2.jpg

「わ」ナンバーのリフトカー  ここも、人気でした
DSC_6568-2.jpg

G  フォトスポット  スタッフが、シャッターを押してくれます
DSC_6574-2.jpg

 フォトスポットの遥か彼方は、トンネルウォークの「新横浜会場」です
DSC_6583-2.jpg

 逆走してトンネル入口に戻ってきました
DSC_6619-2.jpg

 この緊急連絡路から上り線側に移ります
DSC_6637-2.jpg


 シールドトンネルの始まり部分です
DSC_6645-2.jpg

 ここ、シールドトンネルの始まる部分  右が開削トンネル、左側がシールド工法です
DSC_6646-2.jpg
 ちょうど境の部分 ここは、最後に残った箇所で特殊な工法で開けるようです(トンネル地下で撮影)
DSC_6694-2.jpg



 湾岸線行きの上り線を逆走していきます  裏側が見える案内表示板です
DSC_6647-2.jpg

J  すべり台式非常口体験  ここは長蛇の列でした
DSC_6651-2.jpg

E  水噴霧設備デモンストレーション 
DSC_6655-2.jpg

 10分間隔のデモ、今日も、これがメーンイベントでしょうか...
DSC_6681-2.jpg

 シャワーカーテンの向こう新横浜側から工事関係の車が....
DSC_6662-2.jpg

 車から降りたったのは、プレスの集団でした
DSC_6667-2.jpg


 Uターンすると、電光掲示板が順方向となります 「今度は、車で来てね!」
DSC_6673-2.jpg


J  すべり台式非常口体験  今日もすべり台を使って、シールド地下に避難しました
DSC_6686-2.jpg

 消防隊が登っていく非常用階段ダそうです 前回は、気がつきませんでした
DSC_6690-2.jpg


 これは分流部にある衝撃吸収ダンパー  左は、生麦JCT行き本線 右の岸谷生麦出口(上り)に向かいます
DSC_6712-2.jpg

 直進 : 湾岸線 右分流 : 横羽線横浜駅方面 左分流 : 横羽線大師方面 (フルジャンクション仕様です)
DSC_6715-2.jpg

 無事、スタート地点に帰還  まだまだ、参加者がやってきています(いま14時05分 4時間の散歩)
DSC_6731-2.jpg

 頭上を見上げると、二層の本線と横浜側の2本のランプウェイ
DSC_6737-2.jpg

 生麦JCTの核心部 産業道路の中央分離帯から....
DSC_6743-2.jpg







 本日の戦利品  真ん中下(層)に写つる横浜北線レジャーシートが一番かしら...
DSC_6821-2.jpg




 【いままでの開通前高速ウォーク参加記録】
   1990年(平成2年)3月11日  狩場線「ハイウェイ・フェスティバル」
   2009年(平成21年)3月8日  川崎線(K6)大師出入口供用開始記念ウォーク
   2009年(平成21年)3月14日  横浜横須賀道路 佐原IC⇔馬堀海岸IC間開通記念ウォーク
   2010年(平成22年)10月3日  川崎線(K6)大師JCT 殿町間開通記念ウォーク
   2015年(平成27年)2月17日  「山手トンネル 防災訓練見学会」
   2015年(平成27年)3月1日  中央環状線全線開通記念「山手トンネルウォーク」
   2016年(平成28年)11月5日  南本牧ふ頭連絡臨港道路「現地見学会」
   2017年(平成29年)2月25日  横浜北線(横羽線~第三京浜)「首都高講座61限目」

   ※ 狩場線「ハイウェイ・フェスティバル」--- このときだけ、子供二人も連れて家族で参加しました
     Wiki.を見てみると、晴天の下、主催者予想の4倍の来場者が訪れた と書かれております



  次回のトンネルウォークは....
   外環道「関越~東名」でしょうか...  横浜北西線でしょうか...  両者とも、シールドが発進しました
   自宅近くの横環南線は、まだシールドが発進していません いつのことになるやらという感じです

     













              本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます



        みなさま、そば粉のご要望は、八ヶ岳産の信州そば粉を.....
       

nice!(136) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 136