So-net無料ブログ作成
検索選択

一週一鉄 -- 334 -- [ゆる鉄]

 --- 赤い電車でなく赤い機関車 ---

DSC_2504-2.jpg

        いつもの赤い電車が欠乏してしまいましたので
        赤い機関車にしました、JR貨物のハイブリッド機関車HD300形
        この後、八高線の方角に誘導されていきました  
  
       Wiki.によると...
        この11号車は、新鶴見所属ですので....
        基本型(巨大ターミナル用)で、蓄電池70kWh、エンジン270馬力の装備 かしら?
         (エンジンは、発電機を回転させ発電用としてのみ使用される)

           (JR中央線/八王子駅)






今日の付録は、アーティチョーク と思ったらカールドンと云うようです
  ネットの中、多くの人は区別がなされていないようです(Wiki.の画像も違うと指摘されています)
  いつも、お世話になる「季節の花 300」さんには、両者がチャンと併記されておりました(感謝
  と云うことで「カールドン(Cardoon)」でググってみますと... こんな記事が....

 カールドンは茎や葉柄などを食用にするハーブです。つぼみには食べる部分が有りません。すぐ分かる特徴は、総苞片(そうほうへん=ガクに見える部分の一枚づつ)の先がそれぞれチクチクに尖(とが)っています。  アーティチョークは総苞片の先が丸い…と言うより、足袋(たび)のように中央が凹んでいるんです。こちらの総苞片の下部は肉厚になっていて、蒸せばかじり取る食べ方が出来ますし、更に花托(かたく=ケバケバや種の元を取った後の、花を支える中心部分)も食べられます。
                          「生き物大好きの飼育栽培ブログ」さんから、拝借


  「季節の花 300」さんには....
    ・「アーティチョーク」は、開花直前の多肉質のつぼみ部分をゆでると食用になる
      古くから野菜として栽培されてきた 夏に咲く花は紫色でとてもきれい
      「カールドン」の改良種  別名「朝鮮薊(ちょうせんあざみ)」
    ・「カールドン」は「アーティチョーク」の原種 よく似ている
      つぼみの状態が大きなトゲ状なのが特徴  庭園樹や切り花としてよく使われる
      夏に咲く花はアーティチョークとそっくり カールドンも食用になる



  今日の花、カールドン、東逗子 沼間小学校近くのお宅に二株 植えられていました
    三浦アルプスをトレッキングしてきた知人が「アザミかな...」と画像を送ってくれました
    すぐ、アーティチョークと気づきググってみると上記のようなこととなりました
    残念、アーティチョーク(Artichoke)の方が、なんとなく、夢があるようにも感じましたが...
    アーティチョーク、知人は、食したことがあるそうです もちろん、私めは、ありません

     みなさま、くれぐれも総苞片の確認をよろしくお願いいたします(笑)

DSC_5531-2.jpg
    DSC_5650-2.jpg
DSC_5534-2.jpg
DSC_5532-2.jpg
DSC_5541-2.jpg



DSC_5538-2.jpg
DSC_5628-2.jpg
DSC_5606-2.jpg
DSC_5580-2.jpg
DSC_5554-2.jpg


     ちなみに、こちらがアーティチョークの蕾です
           「季節の花 300」さんから、拝借してきました
     aticyo3.jpg








最近の金沢八景駅前工事進捗状況 (2017.06.16 撮影) 前回の報告は、こちらです
 久しぶりに、金沢八景駅前情報です  大きな動きは、感じられませんが... 
   京急八景駅本屋前の横断通路とシーサイドライン駅の本体が小さな階段でつながったように見えます
DSC_5530-2.jpg







                       本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(135) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 135