So-net無料ブログ作成

昭和記念公園・残念フライングでした [遠出]

   昭和記念公園北側「こもれびの丘」北斜面に咲く カタクリ(片栗)
    もののふの 八十娘(やそおとめ)らが 汲み乱(まが)ふ 寺井の上の 堅香子の花 
      万葉集のなかで大伴家持が詠んだ  堅香子(かたかご)の花です
 
       「鱗茎からカタクリ粉がとれます」 有名な話しですネ

    DSC_8004-2.jpg
DSC_8007-2.jpg



 「こもれびの丘」南斜面には、シュンラン(春蘭)があちらこちらに植えられていました
DSC_8000-2.jpg


  東京の桜がまだ満開をむかえる前(4/2)、国営昭和記念公園を久しぶりに訪ねました
    いつもの遊び仲間6名で、満開?の記念公園の桜を楽しむ計画でした
    目論みは、見事に外れました 残堀川沿いのヨウコウは見頃でしたが、ソメイヨシノは全くダメです
     (3月21日、真っ先に東京に開花宣言が出た時は、この日が、お花見日和と云う感じでしたが...)
    公園北側奥のシダレザクラの1本は見頃をむかえていました

    と云うことで「こもれびの丘」のカタクリです
    カタクリ、昨年は、横浜都筑区にある「県立四季の森公園」を訪ねました

    昭和記念公園、今回は知人の車で横浜から圏央道を右回りに走って訪問しました(2時間弱)
    広大な公園は旧立川飛行場の跡地、広さは 165.2ha 新宿御苑(58.3ha)のおおよそ3倍となります
    車を駐めたのは、1番広く普通車 1,755台の許容がある「立川口駐車場」にしました
   (母の異母姉が立川市富士見町に住んでいました 小さい頃の飛行場の記憶が残っております)






公園を散策しました


nice!(137) 
共通テーマ:日記・雑感