So-net無料ブログ作成
検索選択

朝比奈峠を越えて報国寺へ [鎌倉]

DSC_6342-2.jpg
DSC_6348-2.jpg
DSC_6350-2.jpg

 3年振りに、鎌倉浄明寺にある「竹の寺・報国寺」をトボトボ訪問 前回は、寒い2月の訪問でした
  鎌倉を訪ねるときは、往きは電車、帰りはバスのパターンが多いのですが...(50ccでの山越えもあります)
  今日は、自宅近くのバス停から京急の“りんどう号”に乗車、朝比奈峠を超えて浄明寺バス停下車です
   (アッハッハッ、りんどう号は、たまたま来ただけです 1日4往復運行されています)
  ひとつ手前の青砥橋バス停を降りたところにある蕎麦屋「青海波」を訪ねたのは、昨年のことでした

   
 ネットから報国寺の由来を拝借してきました 「鎌倉ぶらぶら」さんより
報国寺は、古くから境内の1000本の孟宗竹林で知られている。 この寺は、臨済宗建長寺派の禅宗寺院。淨妙寺中興の足利貞氏の父・家時(足利尊氏の祖父)が開基。 夢想国師の兄弟子・天岸慧広(仏乗禅師)の開山で建武元年(1334)の創建。永享の乱(1439年に起きた足利持氏の室町幕府将軍・足利義教への反乱)で関東公方・足利持氏は敗退し、永安寺で自刃した時、その長子・義久もこの寺に入って自刃した悲劇の寺である。三門をくぐり右側の石段を登ると本尊の釈迦如来坐像が祀られている本堂がある。 本堂の右手に迦葉堂、左手にかやぶきの鐘楼がある。数多くの文化財があるが、殆どは現在、鎌倉国宝館に所蔵されている。本尊は釈迦如来(市重文)。



 ここが「竹の庭」の入口です  拝観者が、たくさん行き来しています
DSC_6326-2.jpg
DSC_6323-2.jpg
DSC_6333-2.jpg
DSC_6358-2.jpg
DSC_6362-2.jpg
    DSC_6275-2.jpg





浄妙寺側もトボトボ


nice!(120) 
共通テーマ:日記・雑感