So-net無料ブログ作成

県道久里浜田浦線 [探索]

8月となりました 遅いですが... 暑中お見舞い申し上げます みなさま ご自愛ください


DSC_8355-2.jpg
                                    久里浜田浦線工事区間の北端

池上-2.jpg
                  この地図は、左方向がほぼ北となります(白線部分が今回開通します)


久しぶりに、一般道路開通の話しです
 ちょうど1年前、計画して40年?全く開通するアテが無い自宅近くの横浜逗子線を紹介しましたが...
 こちらは、来月末に約1.2kmが供用開始する事となり便利になります(ただし、こちらも全通は?)
 今日は、道路が開通する話しと、途中の大きな道路構造物の見物なのです
 道路は、高規格で往復四車線の立派な構造、両脇に安全柵に守られた歩道も完備されています
 心配なのは、最近お目にかかっていないお巡りさんだけ... ちなみに、制限は50kmとなっております
 


 都市計画道路久里浜田浦線(以下、横須賀市のHPから...)
  久里浜田浦線は久里浜7丁目の県道212号(久里浜港)から田浦町3丁目の国道16号に至る延長約12.7kmの都市計画道路です。このうち、久里浜7丁目から三浦縦貫道路(衣笠入口)までの約6.2kmの区間と平作3丁目の金谷駿河坂線から横須賀インターチェンジまでの約3.0kmの区間が供用されています。現在は、三浦縦貫道路(衣笠入口)から金谷駿河坂線までの約1.2kmの区間において事業主体である神奈川県により整備工事が実施されています。

     この約1.2kmの区間が、ようやく来月9月末に供用開始となるようです
     この道は、ほとんどの区間を横々と平行に走っていきます


 以下、「やる記」と云う名のgooブログさんに載っていました(いまから4年前の記載)
  最終となる「衣笠工区」は20年に着手。今年度中の開通を目指していたが、軟弱地盤と言われる「葉山層群」が工事区間の大半を占めるため、予定よりも大掛かりな擁壁工事が必要になっている。これに加え、土壌から検出された天然砒素の処分に時間が割かれていることも計画に遅れを生じさせている原因となっている。





4車線の道路と大きな構造物


nice!(120) 
共通テーマ:日記・雑感