So-net無料ブログ作成

一週一鉄 -- 166 -- [ゆる鉄]

  --- これ、ユリカモメ? ---

DSC_7745-2.jpg

              “ゆりかもめ”でなく、本物のユリカモメと思います
                  赤い電車は、鶴見川に架かる鉄橋を
                   フルスピードで渡っていきます

                  (京急本線/鶴見市場〜京急鶴見)



多分、水道(ガス?)橋のコンクリートの上を、ユリカモメの団体がくつろいでいたのです
 我が立っている場所は、第一京浜(国道15号)の歩道 正月、箱根駅伝のランナーが、駆け抜けるところです
DSC_7752-2.jpg






  今日の付録は「そば本」です
      と、云っても、いつものコミック「そばもん」です 第14卷となります
      監修の藤村和夫さんが、他界されてからも、まだまだ続くようです
     DSC_7408-2.jpg

         おしながき
          第116話  ふたつの(あるいはみっつの)コロッケそば(前編)
          第117話  ふたつの(あるいはみっつの)コロッケそば(前編)
          第118話  ネギに誘われて(前編)
          第119話  ネギに誘われて(後編)
          第120話  ファイテングそば(前編1)
          第121話  ファイテングそば(前編2)
          第122話  ファイテングそば(中編1)
          第123話  ファイテングそば(中編2)
          第124話  ファイテングそば(後編)


         私的には、第116・117話のコロッケそばが印象的でした


    過去の「そばもん」の紹介は、こちらです
     そばもん 第13卷   にしんそば etc.
          第12卷   討ち入り蕎麦 etc.
          第11卷   大阪のそば文化 etc.
          第10卷   赤茄子切り etc.
          第09卷   山形・天保そば etc.
          第08卷   年越しそば etc.
          第07卷   さらしなそば etc.
          第06卷   越前おろしそば etc.
          第05卷   カツ丼伝説 etc.
          第04卷   おかめの心 etc.
          第03卷   そばの三たて etc.
          第02卷   “白いそば”と“黒いそば” etc.
          第01卷   “もり”と“ざる” etc.


        ニッポン蕎麦行脚  「そばもん」第14巻
         山本 おさむ 著  
         藤村 和夫(元「有楽町・更科」四代目) 監修
         ISBN 978-4-09-186016-3
         2014年3月5日 初版第1刷発行
         株式会社 小学館 発行
         580 円(税込み)
         2014年3月3日 購入










        みなさま、そば粉のご要望は、八ヶ岳産の信州そば粉を.....
              本日も、“トボトボ進行”に訪問ありがとうございます
        







nice!(111)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 111

コメント 4

rabbit

ゆりかもめ・・・niceタイミングのアングルです!
by rabbit (2014-03-14 17:40) 

いっぷく

バックがダルマなのがなおいいですね
京急はなんといっても片側ドアの赤い電車です
by いっぷく (2014-03-15 03:03) 

myossy

rabbit さま
 nice! コメントありがとうございます
 ユリカモメのみなさん、このあと15分間ほど
 モデルさんとなってくれていました

by myossy (2014-03-15 13:51) 

myossy

いっぷく さま
 nice! コメントありがとうございます
 アッ本当ダ! ダルマだ!
 赤だけだから1500形と思っていました
 いつまでも、京急は赤一色のままでいてほしいナァ-----

by myossy (2014-03-15 13:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0