So-net無料ブログ作成

一週一鉄 -- 431 -- [ゆる鉄]

 --- 横浜駅の0キロポスト ---

DSC_0444-2.jpg
    DSC_0440-2.jpg

                  JR横浜駅の0キロポストです
                (こんなに立派なヤツを見逃しておりました)
                  赤い電車と京浜東北線の間
            横浜駅で東海道線から分岐する「根岸線」のポストです
                ここを起点として大船駅まで 22.1km
            (横浜駅 - 大船駅間、東海道線では、17.7km・302円)

                 (京浜東北・根岸線/横浜駅)

 Wiki.によりますと...
 横浜駅 - 桜木町駅間は、1872年に開業した日本の鉄道の発祥区間である新橋駅 - 横浜駅(桜木町駅が当時の横浜駅)間の一部で、東海道本線に属していたが、日本鉄道建設公団により仮称桜大線(おうだいせん)として建設されていた桜木町 - 磯子 - 大船間のうち、桜木町駅 - 磯子駅間が開業した1964年に横浜駅を境に根岸線とされた





今日も「円覚寺 松嶺院」に咲く花です
  “春咲き” なのですが、まだツボミでした
   アネモネ・ビルギニアナ キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草
      流通名を春咲き秋明菊(ハルザキシュウメイギク)という
      英名はトールアネモネ(tall anemone)
    DSC_0163-2.jpg




「墓所」に近づきました、7年前に紹介した “キモクレン” の木が植わっております
 “オオヤマレンゲ” も近くに植栽されておりましたが、前回報告通り、両者とも 手遅れ状態 でした
 今回は「ナツツバキ」と「ビックリグミ」です

 ナツツバキ(夏椿) ツバキ科ナツツバキ属(ステワルティア属)の落葉高木
  「平家物語」が、沙羅双樹と謳っている「沙羅の木」です 1日花です
DSC_0129-2.jpg
DSC_0130-2.jpg
DSC_0134-2.jpg


 ビックリグミ(吃驚茱萸) グミ科グミ属  別名:ダイオウグミ(大王茱萸)
DSC_0120-2.jpg



 こちらの「墓所」から、谷を隔てた向こう側の「墓所」が見えます(小津安二郎監督の墓があります)
DSC_0140-2.jpg

 こちらは、緑青の屋根が大きい「仏殿」です(もちろん、人工緑青なのかなぁ〜)
DSC_0141-2.jpg




 早くも「ヤマブキの実」でしょうか... (「墓所」の台地から降りてきました)
DSC_0145-2.jpg


 カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) ユキノシタ科アジサイ属の落葉小高木
DSC_0147-2.jpg
DSC_0151-2.jpg
    DSC_0043-2.jpg
    DSC_0194-2.jpg


 クロバナロウバイ(黒花蠟梅) ロウバイ科 /クロバナロウバイ属
   学名:Calycanthus floridus   和名:ニオイロウバイ  
DSC_0177-2.jpg


 ニオイロウバイ(匂い蠟梅) ロウバイ科クロバナロウバイ属
   学名 Calycanthus floridus cv. Athens  別名 キバナニオイロウバイ
DSC_0156-2.jpg
DSC_0157-2.jpg


 メマツヨイグサ(雌待宵草)(と思います) アカバナ科マツヨイグサ属の越年草
DSC_0161-2.jpg
DSC_0162-2.jpg


 ウメモドキ(梅擬き) モチノキ科モチノキ属の落葉低木 (の小さな小さな花)
DSC_0172-2.jpg
DSC_0174-2.jpg


 ネームプレートは「ガンギ」でしたが...  ダメですヒット致しません
DSC_0181-2.jpg


 ホタルブクロ(蛍袋) キキョウ科ホタルブクロ属(カンパヌラ属)の多年草
DSC_0183-2.jpg


 花は、おしまい  松嶺院から退所します
DSC_0143-2.jpg



 「仏殿」の中で、初めてカメラを使いました
DSC_0216-2.jpg

 この時間、殿内?は「子ども達」でなく「女学生」でした
DSC_0212-2.jpg

 天井の「白龍図」 もちろん、カメラに収めたのは お初となります
DSC_0203-2.jpg

 「仏殿」から「三門」の方向、正面に大塔婆が見えます 大圓鏡智(だいえんきょうち)
  大塔婆、四面には大円鏡智・平等性智・妙観察智・成所作智の文字があります
 元々はインド大乗仏教の学派である唯識派の観念だそうで、大円鏡智は自然をありのままに見る・平等性智はその自然の中に自分も溶け込む・妙観察智はその自然の動きを正しく観察する・成所作智はその自然の動きに対応して正しく行動することなのだそうです 「gariken design 鎌倉散策」さんから...
DSC_0208-2.jpg



 「仏殿」の脇、境内の奥に続くゆるい上り坂となります、奥の甍は「佛日庵」と思います
DSC_0219-2.jpg

 「異国の坊さま」たちも勉強?に来ております
DSC_0225-2.jpg



 「三門(山門)」です こちらも「女学生」でいっぱいでした
DSC_0223-2.jpg

 こちら側は、妙觀祭智(みょうかんざっち)(“さっち” で無く “ざっち” のようです)
DSC_0227-2.jpg
DSC_0230-2.jpg



「異国の坊さま」たち、横須賀線の踏切を渡っていきます 次は「東慶寺」でしょうか....
DSC_0232-2.jpg






                       本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(119) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 119