So-net無料ブログ作成

「アメリカン・アンカレッジ」 [散歩]

DSC_1912-2.jpg
                              アメリカン・アンカレッジ記念碑 by 八景島

“八景島・シーパラダイス” にある「アメリカン・アンカレッジ記念碑」をトボトボ訪ねてきました
  今日の元ネタは、ときどき紹介している「田代 博 先生のTwitter」となります
我が国での第2次世界大戦の “終戦の日” は、8月15日と思いますが...(“終戦記念日” との表示もありますが記念日?)
 戦勝国側では「1945年9月2日」だそうです
 当時のアメリカ合衆国大統領トルーマンは、降伏文書に調印した9月2日を「V-J Day」として宣言した
 東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリにおいて、日本側を代表して重光葵外相、梅津美治郎参謀総長、連合国を代表して連合国最高司令官のマッカーサー元帥が署名した



 戦艦ミズーリ「錨泊地」   左にある陸地は “シーサイドライン” が走る「金沢工業団地」
イガイ根-22.jpg
                  「横浜市金沢区並木を愛する人のためのウェブマガジン」さんから拝借
「ハマちゃんのひとり言」さんには...
 マッカーサーは調印の際の戦艦ミズーリの停泊場所にはだいぶこだわりを示した様です その結果90年程前にペリー提督が命名し停泊した横浜・小柴沖の「アメリカン・アンカレッジ」の近くに停泊としたそうです


八景島-32.jpg

「American Anchorage (アメリカン・アンカレッジ)」は、およそ「北緯 35°20′21″・東経 139°39′09″」の海域
   戦艦ミズーリの停泊場所は「北緯 35°21′17″・東経 139°45′36″」
   両者は、緯度で 56″ 経度で 6′27″ の差があります
 Wiki.によりますと... 日本経緯度原点(35度39分29秒1572)では....
 緯度 1″は、30.820118m 経度 1″は、25.153129m(ピタゴラスで計算しました)両者の距離は 10km弱となりました
 “ミズーリ” の停泊場所は「アメリカン・アンカレッジ」から、方位 80°(ほぼ東)と計算することができます



 最初の “絵図” に「イガイ根漁場」と云うのが記載されております
  金沢区並木3丁目の埋立地にある「イガイ根公園」の語源となった? 小柴沖にある漁場となります
   (ときどき、この公園前を通ったとき、変わった名前といつも思っておりました 今回のググりで合点がいきました)

 蛇足をもうひとつ 「アンカレッジ」と云うと自分の記憶では、アラスカの「アンカレッジ」
  Wiki.には... 1914年にアラスカ鉄道建設の拠点として建設され、資材搬入のための港湾や作業員の宿舎が造られた アンカレッジの名は、この臨時の投錨地(anchorage)が置かれた時に作成された地図で、一般名詞の「anchorage」とすべきところを「Anchorage」と誤記してしまい、これが固有名詞として定着したことに由来する






前書きが長くなりました、ここから「八景島」徘徊です
 真正面に見える白いドーム屋根?が「アメリカン・アンカレッジ記念碑」
DSC_1620-2.jpg

 映る橋、手前が国道357号柴航路橋、奥に八景島に渡る歩道橋「マリンゲート」が重なっております
  橋の下、小さな多分漁船、漁が終わって柴魚港に帰港します(自分が居るのは、八景島の入口「金沢八景大橋」)
DSC_1630-2.jpg

 記念碑は平成22年2月金沢区制60周年・横浜開港150周年記念事業として小柴沖を望む八景島に設置された
DSC_1641-2.jpg

「記念碑」の手前には「八景島さん橋」(現在は、あまり使われていない気配です)
DSC_1645-2.jpg
DSC_1647-2.jpg




「アメリカン・アンカレッジ記念碑」
DSC_1650-2.jpg
DSC_1653-2.jpg
DSC_1813-2.jpg
DSC_1815-2.jpg
DSC_1652-2.jpg
「碇泊」(ていはく)となっていますが、「錨泊」(びょうはく)(沖合いに錨を下ろして停泊する事)の方が正しいそうです
DSC_1656-2.jpg

「今昔マップ」で見てみました 「American Anchorage 」は、陸から およそ 1.3km離れていたようです
八景島-22.jpg
                                「農研機構農業環境変動研究センター」のHPから

「錨泊地」は、この辺りだったのでしょうか?(1)   対岸の右先端は「横浜ヘリポート」となります
DSC_1661-2.jpg
DSC_1662-2.jpg




 海路の反対側、埋立地である並木の工業団地側から見てみました (まぁ 八景島も当然 埋立地ですが...)
DSC_1782-2.jpg

「錨泊地」は、この辺りだったのでしょうか?(2)   (この船も柴漁港に戻る漁船と思います)
DSC_1784-2.jpg


 今朝(7/16)の小雨に煙る「八景島」(ミズーリ号錨泊地点付近?から)
八景沖-2.jpg
                       ちょうど今朝「世界一周クルーズ」から戻った “知人” が送ってくれました





 ここは、八景島「マリンゲート」のエスカレーターです
DSC_1811-2.jpg


      「マリンゲート」には、こんな “ビューポイントマーク” がありました
       アンカレッジ-2.jpg

      「アメリカン・アンカレッジ」の位置が分かる、すぐれものです
       アンカレッジ-3.jpg
                この2枚の画像「RIDE ON YOKOHAMA BLOG」さんより拝借
     【注意】 この、「アメリカン・アンカレッジ」セット、残念、現在はアリマセン


    代わりに、マリンゲートからの「アメリカン・アンカレッジ記念碑」と「八景島さん橋」
    DSC_1812-2.jpg



島内を回遊すると....
  ひとり淋しく遠くを見つめる「ウミウ」クンと「アオサギ」クンがおりました
DSC_1694-2.jpg
DSC_1752-2.jpg

 この「鳥の群れ」は、どなたでしょうか... スンマセン驚かしてしまいました
DSC_1760-2.jpg
DSC_1763-2.jpg


 “アナベル” は、まだ少し元気な気配がありました
DSC_1773-2.jpg
DSC_1775-2.jpg



 次回は「八景島」の中を少し散策します
DSC_1726-2.jpg







                       本日も“トボトボ進行”にご訪問ありがとうございます


nice!(103) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 103