So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

横浜の地下駅から [横浜]

DSC_6440-2.jpg

  ここは、どこの駅でしょう?  


     ハ〜イ、ピンポーン 大正解  横浜みなとみらい線 馬車道駅です
       1面2線のホームは、地下3階、この改札階は、地下2階となります
       横浜駅から3駅目、 距離 2.6km 乗車時間 5分 運賃 180円 高いのです
       (距離 2.6kmは、東急線では 1〜3km相当 IC運賃では 124円)
  


 5番出口 馬車道口を出ると、南仲通りとの交差点  馬の「絵」が待っております
DSC_6448-2.jpg




神奈川県立歴史博物館


nice!(117) 
共通テーマ:日記・雑感

ハスシャワー [横浜]

    DSC_5794-2.jpg
    DSC_5959-2.jpg

   夏です、今年も、ハスシャワーです (昨年は、最後の「花さんぽ」の日でした)

     日曜日、天候が落ち着いたので、大船フラワーセンターに行ってきました
      7月8日、この日は朝10時から7月の「園長花さんぽ」がありました
      また「ハスの早朝開園」と云うことで、朝7時の開園でした
      (自分が、入園したのは、午後2時過ぎのことですが.....)

     「花さんぽ」とうぜん、園長さんは、新組織の方です
      話しによると「食虫植物」が専門?の方のようです
      昨年 閉園まで在籍した県職員の方々は、現在はひとりも居ないそうです
      これからの運営は、日比谷花壇を中心に模索中という段階のようです
                 (自分が帰る時間、出口をみていた人は、相鉄関係の方でした)





ハスの花と....


nice!(118) 
共通テーマ:日記・雑感

今年もタシロラン [横浜]

DSC_5520-2.jpg

  2年前に紹介した、横浜栄区「本郷ふじやま公園」のタシロラン ヤブ蚊と戯れながら確認してきました
   今年は、いろいろの草花の開花が早いので、どうなっているのかモヤモヤしていました
   来季は、観音崎や衣笠山公園を探索しようと思います


   
 タシロラン ラン科トラキチラン属 Epipogium roseum (D. Don) Lindl.
   明治39年(1906年)、植物学者の田代善太郎氏によって長崎県諫早で発見された
   和名は、発見者の田代善太郎氏の名をとり、牧野富太郎博士により命名された


 特定非営利活動法人かわさき自然調査団のHPに以下の表記が....
  かわきた第216号(2008年9月発行)掲載 川崎の自然をみつめて 腐生ランが分布を拡大?   
 今年7月、川崎市域の常緑樹林内でタシロランが見つかりました
 タシロランはラン科トラキチラン属の腐生植物で体内に葉緑素を持たず、菌類と共生して生育する植物です 群馬県以西の常緑広葉樹林内に生育します 神奈川県では、1958年に横須賀市の鷹取山で初めて発見され 基準産地となっています。環境省の準絶滅危惧種に指定されていますが、「植物誌1988」では三浦半島のみの記録であったものが「植物誌2001」では沿海部を中心に産地を拡大しています
  ラン科シュンラン属の腐生植物であるマヤランは、栃木県以西のシイ、カシなどの樹林内に生育し、環境省の絶滅危惧ⅠB類に指定されています
  マヤランやタシロランは神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006では共に健在種とされました
    (神奈川県では、三浦半島の鷹取山で最初に発見されたと記載されています)




先週29日、異常に早く梅雨明けが宣言されました、気象庁のHPからデータを拝借してきました
 平成30年の梅雨明け(速報値)  
  このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています
  後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、 その結果、この情報で発表した期日が
  変更となる場合があります
    7月2日現在 梅雨が明けたのは、全国12地区の内、沖縄・奄美・関東甲信越の3地区だけです
    しかも驚きです 関東甲信越は、平年より22日も早く 6月中に明けたのは、初めてだそうです
    むかしは、長〜い梅雨が明けると夏休み と云う感じだったと思いますが....
  梅雨明け-2.jpg
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています
・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です

     これから、今年の夏は、どうなるのでしょうか?






廻りは、竹林なのです


nice!(109) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜市電保存館 [横浜]

DSC_5260-2.jpg
                          車両展示コーナーなかほどにある、大きな時計です


「横浜市電」は、明治37(1904)年から昭和47(1972)年まで約70年間にわたって“ちんちん電車”の愛称で親しまれ、横浜市民の足として活躍しました。
横浜市電保存館は、市電が廃止された翌年の昭和48(1973)年8月に滝頭車両工場跡地に開館し、その後、昭和58(1983)年には、現在の市営住宅1階に建て直されました。
館内には、7両の市電車両、停留所標識、敷石を当時の姿で保存、市電が走っていた時代の「時間」と「空気」を感じていただけるよう再現しています。
歴史展示コーナーでは、「横浜の発展と交通」をテーマとして、横浜の発展の礎となった吉田新田の干拓から、横浜開港、関東大震災、戦後の復興、市電の最盛期を経て廃止に至る経過、その後の横浜の都市計画の基となる6大事業や地下鉄への移行などをわかりやすく解説しています。         市電保存館のHPより借用



 建物は、市バス滝頭営業所に隣接する5階建ての市営住宅(市営バスの運転手さんが、多いのでしょうネ)
DSC_5047-2.jpg
市電保存館-2.jpg
                                     市電保存館のHPより借用


  自分(川崎育ち)の記憶では、横浜市電に乗車したのは1度だけなのです(川崎市電は、ゼロ)
   昭和33年頃、桜木町駅前から三渓園を往復しました(そのころ、三渓園の南側は、まだ海でした)
  市電保存館を訪ねたのは、多分、旧施設だったときの1度だけと思います
  六浦の自宅から、横浜都心部に車で出るときは、この横を通り堀割川の左岸を上っていきますが....
   (今日は、市営バス133系統 上大岡駅発根岸駅前行き、乗車20分、バス運賃216円です)



市電保存館をご案内しま〜す


nice!(124) 
共通テーマ:日記・雑感

日比谷花壇大船フラワーセンターへトボトボと... [横浜]

DSC_1479-2.jpg
                              芝生広場の横に咲く八重の桜、ギョイコウ


 昨年7月3日から休園していた
  「神奈川県立フラワーセンター大船植物園」が、4月1日(日)にリニューアルオープンしました
   名称を「神奈川県立大船フラワーセンター」に改め、また、ネーミングライツ制度を導入し
       「日比谷花壇大船フラワーセンター」の愛称となりました

   
   今回、指定管理者制度を導入(HPを見ると...) 
  株式会社 日比谷アメニス、公益財団法人 鎌倉市公園協会、株式会社 日比谷花壇、相鉄企業株式会社の4社構成による「アメニス大船フラワーセンターグループ」が指定管理者として管理運用を行っていきます


     と云うことで、まだ春休み中でしたが再開4日目にトボトボ訪問してきました
     自分、いままでは入園料100円でしたが50円のアップとなっていました
     新規導入の年間パスポートでは、1,000円と云うことでした
     (休園日は、毎週月曜日から第2・4月曜日と変更されています)




続きには、カタクリも...


nice!(124) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜円海山のアンテナ群 [横浜]

円海山は、横浜市第2の高峰、国土地理院地図の表示では、現地測量による標高点 153.1m
(ネットには、以前 第1位と云う表記もありましたが... 現在は円海山の南方 大丸山 156.8mが最高峰と確定
  北側が横浜都心部に開けた円海山には、数多くの電波塔が設置されています
  今日は、そのアンテナ銀座をトボトボ観察してきました
 

 港南台6丁目「ロイヤルホームセンター港南台店」屋上駐車場から望む、アンテナ6本
DSC_0296-2.jpg

 右(西)側の5本を大きくしてみました  アレッ!! 1本少ないですカァ〜
DSC_0298-2.jpg

    大丈夫、左に写る桜の木の塊りの中に見え隠れしております
    DSC_0302-3.jpg





続きに、ツバキとシダ


nice!(123) 
共通テーマ:日記・雑感

庄戸のダイヤ富士 [横浜]

DSC_0323-3.jpg
                                     (2018.3.25 17:39 撮影)


  ときどき紹介している横浜庄戸の富士です 今日は、この地がダイヤ富士でした
   7年前、ダイヤ富士にトライした記事をアップしましたが、そのときは遅刻(3/26)でした


   国土交通省のHPでは、この近く「瀬上市民の森」のダイヤは、3月23・24日となっております
     ちなみに、秋は9月19日となっております
  「瀬上市民の森」の緯度は 北緯35°21′46″ 富士山の御釜の真ん中は 北緯35°21′46″ 同じなのです
     ちなみに、Wiki.の「富士山」では最高地点(3776m)剣ヶ峯の北緯35°21′38″です


   あの田代先生は「横浜南部の「イーストエンド」から」をTwitterにアップ(8日ぶりのダイヤです)
      この地庄戸より、およそ6km遠方からでした






続きに、白い花を...


nice!(120) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜根岸のおひなさま [横浜]

DSC_8071-2.jpg
                             仏間に鎮座するいつもの木目込みのおひなさま


    
 先週は、おひなさま  みなさま、もうすでに片付け終わっていますでしょうか?
  今年の「根岸〜本牧 お雛さまめぐり」に行ってきました
   根岸 旧柳下邸・本牧 三渓園 の二ヶ所となります 三渓園のおひなさまは、先日アップしました
    DSC_8428-2.jpg
                 左に参加賞の「紙雛の匂い袋」 右下に、スタンプ2個と完了印


     「横浜 お雛さまめぐり」
         例年 「横浜人形の家」をも含めた三ヶ所で実施されておりました
         今年は、総額200円で、スタンプ2個を集め完遂「紙雛の匂い袋」をゲット

         続きに「横浜人形の家」が、今年は参加しなかったパンフレットを掲載します





続きに、たくさんのおひなさま


nice!(119) 
共通テーマ:日記・雑感

上大岡京急百貨店 [横浜]

DSC_7938-2.jpg
DSC_7944-2.jpg

 上大岡京急百貨店3Fのひなまつりディスプレイ
  おひなさまが近いです、つるし雛の写真を撮りに今年は京急百貨店をトボトボ訪ねました
  実は、本日の第一目標は、磯子区下町にある「根岸なつかし公園(旧柳下邸)」のおひなさま
  先日の「三渓園のおひなさま」と”根岸〜本牧 お雛さまめぐり”の対象となっております
  (昨年は、中区山下町にある「横浜 人形の家」も含めた三ヶ所のスタンプラリーでした)
    旧柳下邸のおひなさまは、来週、ブログアップさせていただきます


    上の画像は、つるし雛の近くに、吊るされていた 大きな傘? のようなもの
       つるし雛と一緒にご高覧くだされ

         当日の昼餉は「横浜のワンタンスープ専門店」です




続きは、横浜のワンタンスープ専門店


nice!(117) 
共通テーマ:日記・雑感

三渓園のおひなさま [横浜]

DSC_7560-2.jpg
DSC_7561-2.jpg
                                          (大正時代 製)

DSC_7563-2.jpg
                          内裏様の位置が変わっております (昭和初期 製)


 あとひと月でおひなさま
   横浜 本牧にある三渓園のおひなさまを見にトボトボ訪ねました
   園内奥にある、旧矢箆原家住宅の奥座敷と広間に、二種の雛飾りが陳列されておりました

 ◯ 大正時代 京都・丸平大木人形店 製  (おくざしき)
   丸平大木人形店は、江戸時代明和年間の創業で京都でも別格の人形店 だそうです
 ◯ 昭和初期 十軒店 麗山 豊玉斎 製  (ひろま) 
  十軒店とは、現在の日本橋室町地区の一画にあった地名で、その名は江戸時代の”雛市”に由来するようです




ウメも咲いていました


nice!(122) 
共通テーマ:日記・雑感